夏バテ対策

夏バテ防止

毎年の夏の暑さにやられてしまい夏バテを起こすという方に試していただきたい方法を紹介していますよ。

熱すぎる

空

夏バテは今ごろの時期から9月のお盆明けくらいまでに多く見られます。 原因は栄養バランスや生活習慣の乱れがよくあげられます。若い方であれば潜在的に体力があるため夏バテ症状が出ないこともあります。 夏バテは素麺や冷麺などのさっぱりしている単品メニューを良く食べるとなりやすいです。 また、原因が栄養バランスの偏りなため、サプリメントの普及によって栄養バランスの偏った方が減り、症状自体は減ってきていると言われています。 夏バテと良く勘違いされる症状で熱中症があります。頭がボーとする、やる気が出ないなどの症状が出たら軽い熱中症の可能性もあるため水分補給と休憩をしたほうがいいです。 夏バテは若い世代では症状がわかりにくく、中年で現れるが中年では結婚されており栄養ある食事をしているため元気な方も多いです。

夏バテ予防にいい食べ物

昔から夏バテにいいと言われている食べ物といえば鰻です。鰻にはビタミンAが大量に含まれています。ビタミンAはレバーにも多く含まれるためレバーでもある程度効果があると思われます。 ただビタミンAは妊婦さんにはお勧めできません。奇形児ができる可能性が高くなります。鰻以外にも夏野菜も有効です。夏野菜は水分を体外に出す働きがあるため体にこもった熱も発散できます。ただ気を付けなければならない点はスイカなどにはカリウムが多く含まれており塩分も排泄するため熱中症にならないよう水分補給と軽い塩分補給が重要となります。 それ以外にはフルーツには様々な酵素やビタミンが含まれているためお勧めです。特に旬の時期に作られた輸入品にはビタミン類などが多く含まれています。

夏バテについて

夫婦

夏バテとは体の限界を超える暑さが原因となり自律神経が乱れて、食欲不振や頭痛等といった症状が現われる事を言います。場合によっては日常生活に支障をきたす場合もあるので、充分な水分補給や栄養補給を行なって、予防や改善に努める事が大切です。

詳細を読む

夏バテ対策の基本

ウォーキング

夏バテには、失われがちな水分と、ビタミン、ミネラルを意識しながら、食事に上手く摂り入れることが一番です。そして、冷たい物を控えて、胃腸を労わることを忘れないでください。

詳細を読む

効果的な夏バテ防止法

女性

年齢を重ねると疲れやすくなりますが、特に夏バテの影響は非常に大きいと言えます。ここで人気を集めているのが栄養サプリであり、夏で栄養バランスが崩れる時期に役立ちます。

詳細を読む